カーリースおすすめコラム

2022 年 6 月 14 日

カーリースは本当におトク?ローンで購入した時との比較!

今回はカーリースとカーローン、どちらがお得なのかを徹底比較していきます!!

「カーリースって、本当にお得なの?」と疑問に思っている方はぜひこの記事を読んでみてください。

 

【カーリースのメリット・デメリット】

まずはカーリースのメリット・デメリットについて解説します。

《メリット》

1.貯金ゼロでも車を持つことができる

カーリースは頭金などの初期費用なしでカーライフを始めることができます。

頭金をなかなか用意することができないために、新車購入をためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

頭金や初期登録費用は数十万円かかることもあり、用意するのは大変ですよね。
カーリースではそれが不要なため、気軽にカーライフをスタートすることができます。

2.車検費用や税金に困らない

車を保有するには避けられない出費が数多く存在します。
自動車税や自賠償保険料、車検代、点検費用など、かかります。

カーリースの月額料金には、税金や車検代の費用も含まれています。
フラット7では月々8,800円から車を利用することが可能で、月額料金には車検代・自動車税・自賠償保険・半年ごとの点検費用も含まれています。

かなりお得に車を乗ることができるのでおすすめです。
▼カーリースのお問い合わせはこちらから

3.豊富な車種から車を選ぶことができる

安く車を持てる手段として他に中古車を購入する方法がありますが、中古車は自分の好きなモデルや色ではなかったり、故障しやすかったりとリスクもあります。

カーリースでは国産の新車のほとんどを選ぶことができます。
カーリース会社によりますが、自分の好きな色を指定することも可能です。

カーリースは保証もついていて、且つ安く車に乗れる便利なサービスです。

4.乗り換え時に手間がかからない

車を購入した場合。中古車として売るときや廃棄するときに、自分で手続きをする必要があります。

一方で、カーリースの場合は契約満了時にカーリース会社へ車を返却するだけで済みます。
手続きはカーリース会社が行うため時間もかかりません。

契約満了時には再リース、車種の変更、購入など、次の車はどうするかをライフプランに合わせて複数の選択肢から選ぶことができます。

ライフプランに応じて乗り換えたい車だからこそ、乗り換え時に手間がかからないのは大きなメリットです。

▼カーリースのお問い合わせはこちらから

《デメリット》

カーリースには多くのメリットがあるとわかったところで、次にデメリットについても紹介していきます。

1.走行距離制限がある

契約プランやカーリース会社によっても変わりますが、個人向けカーリースでは月間や年間の上限走行距離が設定されています。

上限を超えてしまった場合は、契約満了時にオーバーした分の費用を支払うことがほとんどです。

上限設定や追加料金の発生はカーリース会社によって異なるので、契約時に必ず確認するようにしましょう。

2.カスタマイズがしづらい

カーリースでは基本的に返却しなければならないため、元に戻せないカスタマイズはできないものと考えた方がいいです。

簡単なカスタマイズは可能ですので、本当に自分なりの車を作りたいという方のみ、注意するようにしましょう。

3.契約途中での解約や契約変更には手間がかかる

カーリースでは基本的に契約期間途中での解約は認められていません。
もし途中で解約する場合は違約金を支払わなければならないこともあります。

ですが、最近は豊富なプランが用意されてきて、7年契約でも5年で乗り換えや自由に乗り換えプランを用意しているカーリースもあります。

お申し込み時に必ずチェックするようにしましょう。

 

【カーローンのメリット・デメリット】

カーリースのメリット・デメリットがわかったところで、次はカーローンについて紹介していきます。

 

《メリット》

1.手元からお金を一度に出す必要がない

ローンを利用すれば、現金一括のようにまとまった金額は不要なので一度にお金を出さなくて済みます。

頭金を支払う場合でも本体費用の1~3割ほどの支払いで済むことが多く、最近では頭金なしのローンを実施している会社もあります。

2.ローンによっては現金一括と値段があまり変わらない

ローン会社がキャンぺーンを行っている時には低金利でローンを利用することができます。
1%~2%を下回る金利のローンも存在するため、一括とあまり変わらない値段でローンを利用することができることもあります。

ローン会社や申し込む時期や条件についても変わってくるので、よく情報収集する必要があります。

 

《デメリット》

1.最終的に支払う金額が高くなる

ローンの場合、低金利に抑えたとしても金利がない一括払いに比べて多くの金額を払わなければいけなくなります。
いくら低金利でも金利は発生しています。

金利の高さをあまり気にしないで契約をしてしまうと、結果として数十万円支払金額が変わってくることもあります。

2.毎月の引き落としに悩まされる

ローンを組むと毎月の引き落としに悩むことになります。
ボーナス月などはいつもより多い額を支払わなければならなくため、一層負担が増えます。

1か月以上滞納してしまうと、ローン会社からの催促が強まり、それでも払えなければ車を引き揚げられることもあります。
このようなリスクもあるので、ローンの引き落としには注意が必要です。

 

【カーリース・カーローン一覧比較】

今まで紹介してきたカーリースとカーローンを一覧比較にまとめました!

車買い方比較

まとめてみると、カーリースは月々の支払を抑えたい、追加の出費に悩まされたくないなど安く車を利用したい人におすすめのサービスであることがわかります。

費用がネックで車を諦めてしまっている方はぜひ一度検討してみてください。

▼カーリースのお問い合わせはこちらから

【シミュレーション】

人気NO.1のNBOXで、金利6.9%のマイカーローンとフラット7のマイカーリースで見積もりを作成してみました。
※2022年1月時点での試算

次の表からもわかる通り7年間で見るとカーリースはとってもお得なんです!

カーリース・カーローンシミュレーション

カーリースはカーローンと比べると、お支払総額が655,322円お得になることがわかりました!

また、ただ料金が安くなるだけではなく、車の維持に必要なサービスがすべてコミコミとなっているため便利という魅力もあります。

ユーザーはお金の管理が楽になり、面倒な手続きはカーリース会社に任せられる便利なサービスです。

ジーワイオートではトータルサポートが実現可能なため自動車に関するすべてをお任せいただけます。
お困りのことがあればお気軽にご連絡ください。

▼カーリースのお問い合わせはこちらから

 

まとめ

今回はカーリースは本当にお得なのかをローンと比較しながら解説してきました。

カーリースはローンより安く車を持てて、不便な手続きも不要な便利なサービスです。

お読みいただきありがとうございました。皆さんのカーライフの参考になれば幸いです。

▼カーリースのお問い合わせはこちらから

投稿者プロフィール

小宮
小宮Admin
小宮です!
車のことなら何でも聞いてくださいね😀お客様に最適なプランをご提案させていただきます。
ご購入後も、安心して対馬のカーライフを楽しめるよう、アフターフォローも万全です。
また、審査が通らなかった方にも、何とかお乗りいただけるように最善を尽くします。何卒宜しくお願いいたします。